LINK
民事再生という方法は住宅ローンなども含む複数の債務に苦しむ利用者をターゲットに住んでいる家を手放さずに金銭管理の面で再生するための公の機関を通した債務の整理の選択肢として2000年11月にスタートした解決方法です。民事再生には、破産と違って免責不許可事由がなく競馬などで借金を作った場合においても申請はできますし破産手続きをしてしまうと業務停止になってしまう資格で給与を得ているような場合でも民事再生は可能になります。破産手続きでは住宅を残すことは無理ですし特定調停等では元金自体は払っていくことが求められますので、住宅ローンなどを含めて支払い続けるのは実際問題として難しいと思われます。でも、民事再生を選択することができれば、住宅のローンを除いた借入は多くの負債を減らすことが可能ですので、十分にマンション等のローンを返しつつそれ以外の借り入れ分を支払っていくことができるということになります。民事再生という手段は任意整理や特定調停と違い特定の借金だけを除外扱いして手続きしていくことは無理ですし破産のように借り入れ金が消えるということではありません。それに、そのほかの解決手順に比べて手続きがこみいっていて期間もかかりますので住宅のローンが残っていてマイホームを維持する必要がある状況などを除外して、自己破産などのそれ以外の解決策がない際における限定的な解決方法としておいた方がいいでしょう。